老犬にフリーズドライドッグフードモグキューブを与えるべき?

昔よりも飼い犬の寿命が延びているとはいえ10歳以上からは高齢期となり、少しずつ体も弱っていくものです。

ここでは愛犬が年老いた時に、フリーズドライナチュラルドッグフードモグキューブを与えるべきなのかについてまとめてみました。シニア犬用や高齢期用など、10歳以上の犬の対象にしたドッグフードはたくさんあります。


子犬や成犬期の犬と違って老犬は、消化吸収力が衰えるため消化吸収の良さに気をつけなければなりません。 また必要な栄養素も少なくなるため、若いころと同じフードを与えていると肥満になる可能性もあります。


肥満は様々な病気の原因となるため、老犬では特に栄養過多にならないよう注意する必要があります。


そのため、老犬には老犬に合ったドッグフードを与えましょう。

フリーズドライナチュラルドッグフードモグキューブは、生後7か月以上の成犬であれば年齢に関係なく与えることができます。これは栄養バランスだけでなく消化吸収にも配慮されて作られているからで、老犬の体にも負担をかけません。


与える量を調整するだけで何歳の犬でも食べられるドッグフードというわけです。活動量が落ちた犬の場合は少なめに、活発に活動している犬なら多めにと様子を見ながら量を変えましょう。


必要な栄養素のほとんどは成犬より少なくなるものの、老犬には成犬以上にタンパク質が必要となります。ナチュラルドッグフードは高たんぱく低脂肪なので、肥満の心配なく与えることが可能です。

食欲が落ち始めた老犬には栄養価の高いフードを与えることが重要ですが、その点でもフリーズドライナチュラルドッグフードモグキューブが適しています。少量で十分に栄養が摂れるため、体に負担なく体重を維持することができるでしょう。


添加物なども使われておらず、健康に影響を与える心配もないと考えて良さそうです。ちょっとした病気でも若い頃より回復が遅れてしまうことが多い老犬は、何よりも健康維持が大事です。


できるだけ体に負担をかけず、必要な栄養素を効率良く摂取できるフードを与えましょう。今までのドッグフードから切り替える時は、少しずつ混ぜて慣らしていくと自然に切り替えができます。


食べ慣れたものを突然変えるとストレスになるため、無理のない範囲でフリーズドライナチュラルドッグフードモグキューブに置き換えていきましょう。

老犬にもフリーズドライナチュラルドッグフードモグキューブ与えることは可能ですし、健康のためにもお勧めできるフードです。 いつまでも元気でいて欲しい愛犬のために、原材料や製法にこだわったドッグフードを選んであげましょう。